不動産投資信託の多くのメリット

投資信託には多様な対象に投資する商品がありますが、不動産を対象にしたものを不動産投資信託やREITなどと呼びます。
個人で不動産に投資する場合には、一般的にアパートやマンションを経営することで、家賃収入によって利益を得るという形ですが、投資信託では多くの人から資金を集めることで大きな資金となるので、個人ではなかなか投資出来ない物件への投資が可能になります。

同時に、様々な地域への投資や使用用途の違う物件などに投資を行い分散投資を行うことで、リスク軽減の効果もあります。

また、REITの特徴としては、運用した収益の中から90%を超える額を分配するなどの条件を満たせば、法人税がかからないことになっているので、分配金が他の金融商品に比べて有利です。

REITに関しては、不動産投資を行なっているという性質上、解約をされる度に投資先の不動産を引き上げるといったことは現実的ではないので解約が出来ません。

これをクローズドエンド型の投資信託と呼びますが、それでもREITの場合には証券取引所に上場しているので、随時市場で売買を行うことが可能です。
こういった様々なメリットのある不動産投資信託ですが、もちろんリスクも存在します。

それは不動産価格の変動や、天災や火災などによる投資対象への損害、そして、運用資金が投資家からの出資だけでなく銀行などからの借入れも含まれている場合には金利変動のリスクも存在するので注意が必要です。

メリットだけでなく、リスクもしっかり把握した上で投資を検討しましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:投資信託

このページの先頭へ