資産運用のグローバル化と国際投資信託

投資信託は近年、資産運用の面でグローバル化が進んでいます。
世界の投資家が注目しているのが、特に税制面や投資規制の面で有利であるドイツやルクセンブルク、ベルギーなどの会社が、様々な国の投資家から資金を集め、それを世界各国の証券に投資する国際投資信託です。
こうした投資信託が注目される背景には、一つの国に絞った投資を行った場合、その国の経済状況、政治情勢や社会環境の変化といったカントリーリスクなどが生まれてしまいます。

その一方で複数の国に分散投資を行う、国際投資信託においてはこういったリスクの軽減や、産業構造などの特徴の違う国も組み合わせることにより、投資している国の中で証券価格が下がっても他の国の証券の値上がり分でカバーすることができます。

また、グローバルな視点からこれから市場が活発化して証券が上昇局面になることを期待出来る国に対して投資を行うことや、世界的な成長産業に対しての投資を行うことができるなど、投資機会が増大します。

このような国際分散投資を行っている場合には、この投資している証券などの他に、運用している通貨での為替に対するリスクマネジメントも重要になるため、きめ細かな管理が必要です。

資産運用のグローバル化は、投資家側にとっても投資の選択肢の拡大をもたらし、日本の市場においても国内市場に外国業者が進出することによる競争が生まれてきています。

このような中で、グローバル化を象徴する国際投資信託はこれから投資を考えている人にとって魅力的な金融商品の一つです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:投資信託

このページの先頭へ