三菱UFJ投信の充実した体制と優れた金融商品

三菱UFJ投信株式会社は、東京千代田区に本社を置く運用・商品開発・顧客サポートの三位一体の戦略体制を持ったMUFGグループの資産運用会社です。
その運用哲学には、徹底した情報収集と詳細な分析、適切な判断による「付加価値の創造」と「的確なリスク管理」、「規律のある運用プロセス」と顧客に信頼される為の「適切な情報開示」を掲げています。

投資判断のプロセスに関わっているのは、投資対象となる企業の調査・分析を行うアナリストと、現在の経済状況や市場動向から投資戦略を構築するストラテジスト、独自の調査により多角的に情報を収集して最終的な投資判断をするファンドマネージャーです。

それぞれの視点で意見交換をし、その上で意思決定を行うため、より精度の高い投資判断を生み出しています。

取り扱っている投資信託商品の中でも、日本における投資信託の格付けなどや投資家向けへ情報提供を行なっているモーニングスターの「Fund of the Year2013」の国内株式型部門で最優秀ファンド賞を受賞した「優良日本株ファンド・ちから株」が注目です。

このファンドの特徴は、名前通り日本株を対象にした投資信託で、競争力のある優良企業で割安と判断される銘柄に投資をして利益を目指します。

同じく、国際株式型で優秀ファンド賞を受賞した「アメリカン・ニュー・ステージ・オープン」は、米国の新興成長企業株式を対象とした投資信託です。

このように三菱UFJ投信は、充実の体制で優良な国内外のファンドの開発販売を行なっています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:投資信託

このページの先頭へ