人気の投資信託のブルーオーシャンの特徴と魅力とは

総資産額が700億円以上で人気が高い投資信託のブルーオーシャンは、海外の成長国の債券を中心に運用している商品です。
その特徴は、新興国の債券で運用していることで、高い金利水準の国々の債券への投資を行なっていることから、高い収益性が期待できます。
確かに先進国と比べた場合、新興国への投資はリスクがあります。

また、実際に格付けの低い債券への投資も行われていますが、新興国の経済成長は著しく、通貨自体の魅力も大きいこともあり、更に運用している債券の利回りも5パーセント以上なので、金利収入の面から考えてもとても魅力的なのです。

実際に、最近の分配金の実績も、安定的に月々35円ずつ支払われている点からも、その魅力の大きさがわかります。

また、投資対象としている国は20カ国以上であり、更に最も比率の高い国でも10パーセント前後に抑えられているので、十分に分散投資が行われていると言えます。

特に新興国への投資の場合には、株式であっても債券であってもリスクを減らすためには十分な分散投資を行うことが重要です。
そのような意味でも、ブルーオーシャンは理想的な投資スタイルの投資信託と言えます。

また、ブルーオーシャンを運用している会社では毎月詳細な運用報告を行っており、投資家は運用状況について理解を深めながらファンドへの投資が行えます。

特に、今後の見通しと運用方針について詳しい説明がある点が大きな特徴だと言えるでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:投資信託

このページの先頭へ