ベトナムに投資している投資信託について

ベトナムに投資を行っている投資信託について紹介します。
中国やインドなどのBRICS諸国に次ぐ新興国と称されるVISTAの一国であるベトナムに投資するファンドのことで、少子高齢化が日本などの多くの国々において叫ばれていますが、ベトナムは年齢構成が非常に若く、平均年齢が25歳前後と労働力が非常に豊富で、かつ、1人当たりGDPが現在1,000ドルを越したばかりであり、工場労働者などの月給が10,000円以下というケースが多く労働コストが安いので、現在多くの日系企業が進出を狙っているというのが現状です。

そのような成長著しい国に投資するわけですから、非常に高いリターンが期待できます。
かつて、中国に投資するファンドでは2倍3倍になるものが多く存在しました。

今回もまた、同じくらい魅力的な投資先だと言えるでしょう。

しかしながら、現地事情に詳しいという方は個別の株式に投資されるのも良いでしょうが、そうでない方にとっては、投資信託という形式で投資されることをお勧めします。

通常の個別株式に投資する場合と比べ、ほとんどインデックスに連動した商品などがあるため、リスクを低く抑えることができるからです。
それでも、指数そのものが倍以上になるケースも十分に考えられますので、リターンが期待できないかと言うと全くそんなことはありません。

最後に、現在の日本において新興国のような高成長を望むことは非常に困難です。
また、中国もバブル気味ですので、今伸び盛りのベトナムに投資してみるのはいかがでしょうか。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:投資信託

このページの先頭へ