投資ファンドを選ぶ際の参考資料としてランキングを活用する提案

日本で個人の購入可能な投資信託は全部で3000本を超えて存在し、そこからどの投資ファンドを購入するか決めるのは容易ではありません。
投資信託を選ぶ際の判断基準として人気や運用成績ランキングを参考する人は多く存在し、窓口での営業もその様な記事を元に勧められる場合もあります。
人気ランキングは現在の純資産高や資金流入額で順位付けされており、どの投資ファンドが沢山売られているのかが一目で把握でき便利です。

また、時系推移を見た際にどんどん順位を落としている様なファンドがある場合は注意する必要があります。
なぜならば、人気が下がっているという事は解約によって資金が流出し、そのファンドの純資産残高の規模が縮小していると考えられるからです。

また、運用成績についても、安定的に上位を記録していれば運用力自体が優れたファンドであると評価できますし、投資哲学や運用方針を頑なに守る会社では長期間好成績を生み出しており運用成績に表れます。

企業イメージなどに囚われる事なく運用力を見るには、運用成績ランキングを参考にすると良いでしょう。
投資信託の評価と言うのは、過去の運用成績等を判断材料としていくつかの角度から優れた運用が行われているかどうかを示しています。

視覚的にも分かり易く、投資信託を選ぶ際に非常に参考になりますが、これは現時点で高い評価を得ているという事で、将来の運用成績を保証するものではありません。

ランキングに頼りきって購入すると後悔する恐れもあるので、充分注意して慎重に購入しましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:投資ファンド

このページの先頭へ