外資系投資ファンドの特徴について

外資系投資ファンドとは、海外資本の運用投資顧問会社または金融機関が運営している投資ファンドの事です。
日本資本の運用投資顧問会社または金融機関が運営しているファンドと区別するために、このように呼ばれる事があります。
外資系投資ファンドの特徴としては、

①利益の追求を第一とする
②投資の意思決定スピードが速い
③運用手数料が日本の投資ファンドに比べると安いものが多い

といった点が挙げられます。
まず1点目の利益の追求についてですが、外資系ファンドは良くハゲタカと揶揄されるように、利益追求の姿勢及びそれを実行する運用手法が凄いです。

日本の投資ファンドであれば躊躇してしまうような状況においても、外資系ファンドは利益が得られると思えば躊躇無く投資を実行します。
投資家への利益分配を最大化させようという姿勢が、日本の投資ファンドより強いとも言えるでしょう。

2点目の特徴としては、投資の意思決定スピードが速いという点で、外資系投資ファンドは、少人数のポートフォリオマネージャーが運用しているというものが多いです。

関与する人間の数が少ないために、投資判断を迅速に下すことが出来ます。
日本の投資ファンドだと、投資判断を下すまでに時間がかかってしまうために、投資機会を逃してしまうことがあるのです。

最後の特徴としては、運用委託手数料が日本の投資ファンドに比べると安いファンドが多いです。
これは少人数で運用しているために、人件費等のコストがあまりかからない為です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:投資ファンド

このページの先頭へ