信用取引ができるネット証券の比較方法

信用取引とは、現金や株式を担保に証券会社から株を購入するための資金を借り入れて投資を行うことで、持っている資金までの取引しかできない現物取引とは違い最大3倍の資金が借りられるため、少額の資金で多額の利益が得られる「レバレッジ効果」が期待できます。
また、株を安く買い高く売れば利益を得るのが通常の株取引ですが、株価が下がった場合でも利益が得られるのが信用取引の特徴です。

つまり、証券会社に株を借りて売るという「空売り」を行い、株価が下がった時点で買い戻して証券会社に株を返却すれば、その差額が利益になります。
さらに、現物買いと信用売りとの両方を合わせることで、手数料以上の株主優待が受けられるメリットもあります。

こうした取引は便利な投資手段の一つである点から、手軽に始める投資家が増えてきています。
この取引を取り扱うネット証券も数多くあり、手数料やサービス内容についても証券会社によって異なります。

数あるネット証券を比較する際の重要なポイントは、売買手数料と金利・貸株料、保証料・保証金率・保証維持率といった料金面や、信用取引の空売りができるかどうかについてです。

証券会社によって、注文ごとに手数料が掛かる場合や定額方式の場合など徴収システムも異なるため、必ず比べておくのが大切になります。

比較の際は公式サイトが一番確かですが、沢山設けられている会社を見比べるのが大変な場合は、項目別や総合的に比較してランキング化されているサイトを利用すれば一目瞭然です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ネット証券

このページの先頭へ