インターネット証券会社で取引を行うという事

銀行預金の低金利が長引いた結果生じた閉塞感や、銀行窓口での投資信託の販売に伴う証券投資の浸透、そしてインターネットの普及などを背景にオンライントレードを始める人が急増しています。
ネット証券は口座を開設すれば取引が開始できるので誰でも簡単に投資が始められ、手数料が総合証券会社よりずっと安いという魅力があります。

一方で、インターネット証券会社を利用する場合、取引や重要事項の確認などは全て自分の口座管理画面上で行わなければなりません。
ネット取引で見応えがあるのが、板と呼ばれる売りと買いの状況を表した気配値です。

板には、指値での売り注文・買い注文の合計株数が表示されており、取引をする投資家がどの程度売買したいかが一目瞭然なので、オンラインで株式取引をする上で見ない人はいないと言っても過言ではありません。

この板は、自動的に更新が行われるタイプと手動で見るタイプが存在し、リアルタイムで電光掲示板の様に秒速で移り変わるものもあります。

これらは有料で提供しているケースや、条件をクリアすれば無料になるなど証券会社によって異なるので、口座を開設する前に事前に確認しておきましょう。

インターネット証券会社で取引を行う際に最も意識しなければいけない事は、自己責任において取引を行うという事です。

窓口や電話で担当者に注文を発注する総合証券会社とは違い、自分で取引注文のボタンを押して発注を行うので、誤発注に注意して、企業の情報を見ながら分析する力を身に付けていきましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ネット証券

このページの先頭へ