ネット口座とは、インターネットを通じていつでもアクセス、管理出来る口座のことである

証券取引において、ネット口座とは、インターネットを通じて、利用者がオンラインでアクセス出来る口座のことを言います。
ネット口座を持つメリットというのは、やはり、いつでも口座を管理出来ることというのが第一に上げられるでしょう。

たとえば、株を取引したいという場合、口座に購入額以上のお金が入っている必要がありますが、ネット口座ではない場合、いくら入っているのか確かめるためには、証券会社の支店におもむいて、ATMを使って残高を確認するしかありません。

近くに証券会社の支店やATMがあればいいですが、そうではない場合、時間がかかってしまいます。
しかし、ネット口座であれば、家からパソコンでアクセスすることが出来ますし、また外出先からスマートフォンでアクセスすることも可能です。

証券会社によっては、スマートフォン用のアプリを提供しているところもあるので、そういったアプリを使えば、残高の確認や株取引が一層行いやすくなります。

また、ネット口座を使う場合、証券会社に電話をして売買の指示をするという必要がなく、パソコンでの操作ですべてが完結するので、非常にスピーディーな取引を行うことが出来ます。

ネット口座は、ネット証券と呼ばれる、実店舗を持たずに営業している証券会社だけではなく、既存の証券会社でも使えるところが多いので、昔から存在している大手の証券会社から、新規参入したオンライン証券まで、かなり幅広い証券会社から選ぶことが出来ますので、手数料などを比較して、自分に合っているところを選ぶといいでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ネット証券

このページの先頭へ