FXのネットトレードに不可欠なリスクコントロール

FX取引には他の投資には無い様々な利点があり、FXは株式投資などとは異なり24時間取引が可能です。
これは外国為替市場が世界の主要都市で継続してオープンするためです。

また、他の投資法とは異なり、非常に安い手数料で取引を行う事が出来、それ故に、取引を繰り返してもそれ程コストが気になる事も無く、短期的にトレードを繰り返す事も可能です。

このようにFXにはこれまで主流であった株式投資などとは異なった多種多様な魅力がありますが、取引の際には徹底したリスクコントロールが必要です。
ここではFXのネットトレードに不可欠なリスクコントロールについてご説明致します。

まず最初に、FX取引では新規ポジションを建てる際、ストップロスを設定し事前に損失を限定する事が重要です。
外国為替市場は頻繁にその方向性を変える傾向があるために、ポジションの損失を限定するためのストップの設定が欠かせません。

許容範囲を超えた大きな損失を出さないためにも新規ポジションにはストップをつけましょう。
また、FXではレバレッジの設定も重要なリスクコントロール技術の1つです。

大きすぎるレバレッジは市場が自分の思惑とは逆方向に推移した場合、大きな損失を出してしまう原因となるので、それ故に、自分の資金を考慮し適度なレバレッジを見極め取引を行う事が重要です。
このようにFX取引で利益を得るためにはリスクコントロールの技術を身に付けトレードを行う必要があります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ネット証券

このページの先頭へ