ネットなどの投資信託は、少ない投資金額でも気軽に始めることができます

資産運用の1つの方法として、投資信託があります。
一般の投資家から資金を集めて、一括してファンドマネージャー等の運用のプロが実際の運用を行い、投資家は、こうした金融商品を購入すれば、後は何もする必要はありません。

運用によって利益が出ると、信託報酬を差し引いた分が投資家に分配されることになり、人気のある投資信託は、毎月分配型のものです。
これだと、毎月お小遣い感覚で分配金が受け取ることができるので、この運用では、銀行の定期預金等よりも利息が多いという点がメリットです。

またこの金融商品は店頭だけでなく、インターネット上からも申し込みが可能です。
ネット証券会社でも近年こうした金融商品の販売が多くなってきていますが、その背景としてさまざまな商品の種類があるので、投資家の選択の幅が広いことが利点です。

また、少ない投資金額でも気軽に始めることができる点もメリットです。
こうした金融商品は、大口の投資金額が必要になるのは以前のことであり、現在インターネットでは数万円程度からでも投資をすることができます。

この金融商品は、国内外の債券や株式などを投資対象として運用を行っていますが、これらの投資はリスクがあるので、当然のことですがこの商品にも価格が下落するリスクがあるので、注意して下さい。

それでも自分自身で株式投資をする場合と比較した場合にはそのリスクは少ないといえ、運用のプロは、色々なところに分散投資を行っているので、比較的安定した運用を行っているのが一般的です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ネット証券

このページの先頭へ