ネット証券に口座開設する場合、その口座に入金出来る銀行の口座も確保しておこう

ネット証券に口座開設する場合に気をつけたいのは、専用のATMがない場合があるということです。
そういった証券会社と契約したら、その証券会社が入金先として指定している、金融機関のATMから振り込むか、あるいは銀行から証券会社の取引口座に振り込むということになります。

ATMを使う場合、証券会社から入出金用のカードが送られてきますが、ネット証券の場合、このカードの発行が有料オプションになっていることもあり、また、元々無いという所もあります。

そういった証券会社の口座に入金する場合は、銀行口座から振り込むしかありません。
銀行振り込みの場合、いつであっても入金したらすぐに口座に反映されるという場合と、通常の銀行振り込みと同様に、午後3時以降は翌日扱いになるという場合があるので注意が必要です。

すぐ反映される銀行というのは、証券会社と提携しているところで、提携している銀行は、証券会社のホームページで確認出来ます。

株というのは、基本的に午前9時から午後3時までというのが取引が行える時間ですが、一部の証券会社では、夜間取引を行っているところもあるので、夜間取引をするなら、入金がいつでも反映される銀行に口座を開設した方が良いでしょう。

欲しい銘柄が購入したい価格で出ているのに、口座にお金がないというのを避けることが出来ます。
なお、銀行からの振り込み手数料についてですが、証券会社が負担するというケースが多いです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ネット証券

このページの先頭へ