国債先物取引の仕組みとリスクヘッジの重要性

国債先物取引は文字通り国債を対象とした先物取引で、将来のある時点において、現在設定した価格で国債を売買する約束を行うものです。
値上がりを予想した時には買い、値下がりを予想した時には売るポジションに居ることで利益が得られ、基本的に国債先物取引の相場は金利と逆に動くので、金利が低下すれば相場が上昇し、金利が上昇すれば相場が下落します。
その仕組みは簡単で、市場金利と債券の利払いの関係性でより有利な方に買いが入るので、どちらかが上がればどちらかが下がると単純に考える事が可能です。

こういった金利との関係から、金利変動に関するリスクを回避するのに適している手段の一つだと言えます。
また、一般的な先物取引と同様に現物取引へのリスクヘッジとしての利用が出来るのも特徴の一つです。

これも方法は簡単で、現物取引における売買ポジションと逆のポジションで先物取引を行えば、リスクを軽減もしくは避けることが出来ます。

取引に関してかかる費用ですが、全てを用意しなくても良く、証拠金の額に応じてレバレッジ効果により、証拠金の数十倍までの取引をする事が可能です。

そのため、少ない資金でも出来る投資方法とも言えますが、相場の上下だけを予想して売買どちらかのポジションだけに投資するというのは投資ではなく投機になるので、通常はある程度のリスクヘッジを持って行うのが良いでしょう。

先物全般にも言えることですが、国債先物取引を行う際にも必要なリスクヘッジを行った上で投資を行なって下さい。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:先物取引

このページの先頭へ