先物オプション取引の仕組み

先物オプション取引とは、先物取引は「将来の決められた日」に「今の時点で決められた価格」で対象となっている商品を売買する約束をする取引で、オプションとは「権利」のことで、この売買をする権利を売買する取引です。
通常の先物取引と大きく違っていて特徴的な点は、この権利を保有しているオプションの買い手には、自分によって不利な取引であれば権利を放棄することが出来る点で、その逆に、オプションの売り手に関しては、このオプションの買い手からオプションの売買代金であるプレミアムを受け取っている見返りとして、買い手の権利行使には必ず応じなければなりません。

その為、オプションの買い手に関しては、被る損失額は支払ったプレミアムという付加の部分に限定されますが、利益は値動きによって無限大になる可能性があります。

一方で、オプションの売り手に関しては、利益はプレミアムに限定されますが、損失に関しては無限大になるリスクが存在します。

オプションの買い手にとっては、そうした損失の限定が可能な点が大きなメリットとなります。
リスクとしてまず挙げられるのは、価格変動リスクです。

通常の取引でもリスクとして挙げられますが、レバレッジ効果が高い先物取引の場合には、特に価格が予測と反対に動いた時には大きな損失へと繋がります。

また、買い手の場合には、支払ったプレミアムに損失が限定されるものの、売り手に関しては損失が大きくなるのが最大のリスクです。

このように、先物オプション取引に関しては、特に売り手になる場合にはリスク管理が非常に重要であると言えます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:先物取引

このページの先頭へ