オンライン商品先物取引業者の比較

商品の先物取引は江戸時代に大阪堂島で行われていた米相場がルーツですが、最近では、発達したインターネットを利用したオンラインでの取引も盛んに行われるようになりました。
以前はプロが行う難しい取引というイメージが強くありましたが、銘柄数が無数に多い株式取引と比較して、取扱商品の数に限りがある商品取引はその特性を掴みやすいという利点があります。

では、オンライン取引を提供している商品先物取引業者の比較をしてみましょう。
初心者はまず、知識を得ることが不可欠です。

その勉強ができるサイトを準備しているのが業界トップクラスの口座数を有するフジフューチャーズで、商品先物取引入門講座を開設し、基本編からルール編、取引所編、そして豆知識まで、その仕組みや魅力についてホームページで徹底解説しています。

取引経験の長い投資家向けなのが、楽天など上場企業が出資している会社のドットコモディティで、口座数、預かり資産、売買高で三冠王を達成し、投資家育成プロジェクトを展開していて、プロ並みの投資も不可能ではないでしょう。

次に、手数料が安くて人気があるのが日産センチュリー証券です。
アクセスCXの名称で、業界内では早く1996年からオンライン取引のサービスを開始し、トップレベルのサービス内容を誇ります。

板を見ながら直接注文も可能なアプリ、初心者でも簡単操作で使い易い点、携帯電話での値段チェックや注文もできるのも人気の理由です。
片道手数料が380円、日計り取引は手数料無料なので、デイトレーダーにはお勧めの会社と言えます。

これら各社の比較を参考にして、自分のレベルに合った取引業者を選んで先物取引を成功させましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:先物取引

このページの先頭へ