日経225先物セミナーはオンラインや会場で行われています

日経225先物とは、日経平均株価を対象とした先物取引で、取引単位は日経平均株価の1,000倍で1枚とされています。
そのため、日経平均株価が10,000円だった場合には1,000万円必要ですが、証拠金取引で、実際には30万円から50万円ほどから取引することが可能です。
その場合のレバレッジ効果は20倍から30倍程と、高いレバレッジ効果が得られて小資金で大きなリターンが得られる上に、取引対象が身近な日経平均株価であることから注目されています。

そうした日経225先物セミナーは証券会社などで行われています。

ライブスター証券では、口座開設をしていなくても無料で受けられるセミナーを東京・丸の内のライブスター証券本店で行なっており、講師は会社スタッフです。

マネックス証券では口座開設が条件になりますが、オンデマンドによる動画で投資会社取締役による約80分のセミナーを用意しており、場所を選ばずに受講出来ます。

楽天証券では、誰でも見られる方式で、日経225先物セミナーの他にも様々な勉強会の模様が配信されており、初心者が知識を得るには一番手軽であると言って良いでしょう。

このように、ネット証券のセミナーについて紹介しましたが、必ずしもネット上だけでのセミナーではありません。
ネットでのセミナーは録画を視聴するため双方向性が無いのが欠点ですが、会場型であれば質問をその場ですることができるメリットがあります。

しかし、会場まで足を運ばなければなりません。
日経225先物セミナーに限らずセミナーを受ける場合は、自分の環境に合ったものを選びましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:先物取引

このページの先頭へ