日経225先物取引は初心者にも向いている先物取引です

日経225先物取引は、日々のニュースなどでもお馴染みの日経平均株価を対象とした先物取引で、身近な数字を利用した取引のため初心者にもお薦めです。
日経平均株価は、日本経済新聞社が業種のバランスを考慮しながら定期的に銘柄を制定・改定するもので、東京証券取引所の第一部に上場する約1,700の企業の中から225銘柄が対象となる為、225という数字が付きます。

取引単位は日経平均の1,000倍となっており、この単位を1枚と呼ぶため、日経平均が10,000円の場合には1,000万円になります。

しかし、この金額がそのまま必要という訳ではなく、先物取引の特徴でもある証拠金取引により30万円から50万円ほどの自己資金で取引が可能です。

つまり、20倍から30倍のレバレッジ効果を得られ、少額な自己資金で利益を期待することができます。

また、買いから入って値上がりによる利益とともに、売りから入って値下がりした局面で買い戻して差額の利益を得るといった取引方法をすることも可能です。

このように様々なメリットがある取引ですが、レバレッジ効果が高いということはリスクも高くなることに繋がる為、初心者やリスク軽減を図りたい人には、日経225miniと呼ばれる商品がいいでしょう。

日経225miniは、最少取引単位が日経平均の100倍と、本来の10分の1となっているので手軽に始めることが出来ます。

日経225先物取引には最少取引単位の違いにより2種類の取引方式があるので、初心者もリターンとリスクのバランスを把握した上で投資判断をしましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:先物取引

このページの先頭へ