原油先物取引とはいったいどの様なものか

原油先物取引とは、原油を対象商品とした先物取引の一種です。
原油は様々な用途、分野において使用されるものであり、非常に値動きが激しい事で知られています。
人々の日常生活においても密接に関わっているもので、需要は常に高く、近年では原油価格高騰は世界中で社会問題となっています。

紙やプラスチック、繊維など、日常的に使用する商品の原材料として、そしてガソリンや灯油、重油などのエネルギー関連商品の精製に利用されているので、原油の価格が上昇すると原材料としてのコストが上がる事になります。

原油価格が高騰すると、電気料金やガス料金、航空券への影響が大きく、一般家庭での生活費にも多大な影響を与え、企業にとってはより大きな影響を受けることとなるのです。

原油価格への最も大きな影響がある指標は、アメリカはテキサスで産出されるWTI原油先物指標で、原油先物市場での取引が非常に多いことで知られています。

日本の主な原油輸入先はドバイ原油ですが、中東の情勢、例えば核兵器開発が疑われるイランでのウラン濃縮活動などにより、先物価格に大きな影響を与え、価格の変動幅が大きくなるのです。

またドバイ原油は、WTIの値段の変動につられる傾向がある為、常に各指標についての注意が必要になります。
このように、原油価格は様々な要因で非常に価格の変動が大きくなるため、原油先物取引での大きなメリットは、成功した場合のリターンが大変大きくなるという事が挙げられるのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:先物取引

このページの先頭へ