一般的な株式投資と株式先物取引は、それぞれ違う取引

投資を始める際に、一番に候補に挙がるのが、株式取引です。
一般的な株式取引は、シンプルな取引を心がければ、それどほ複雑な取引にはなりません。
わかりやすく、続けやすさもあり、似たような投資向け金融商品の1つに、株式先物取引があります。

これは、一般的な株式投資とは少し違う取引内容になるので、一般の株式投資と同じ感覚で行おうと考える場合は、注意が必要です。
まず、株式を取引対象にする点は似ていますが、根本的な点が異なります。

一般の株式投資では、好きなとき取引することができますが、株式先物取引の場合は、段取りを決めて取引を行うのが基本の取引プロセスになり、また、ある株式会社の株価を取引対象にするというよりは、ある形式で算出される平均株価指数や、日々の終値を一定の方式で算出した株価指数などを対象にして取引が行われます。

株式先物取引は、一般の株式投資と違い、好きなときに売却して損益を確定させるのとは違うので注意して下さい。
一般の株式投資の目的は、純粋に将来の見込める会社への投資目的で行われることもありますが、先物取引では、リスクの回避を目的として利用されることがほとんどです。

ほかのリスク回避取引の動機が、将来損することになってしまう可能性があるのと同様に、株価にも変動があります。
たとえば保有する株の価値が落ち込んでしまうと予想できる場合に、その損失を防ぐために先物取引が行われる理由です。

これは損失を見越した取引になるため、損失を活用した株式取引ともいえます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:先物取引

このページの先頭へ