先物取引による被害と悪徳業者の避け方

インターネットの普及によって一般の人も気軽に投資ができるようになりました。
しかし、その中でも先物取引は銘柄が少なく取り扱いが複雑なため、投資が難しく、上級者のものと言われています。
それでも個人で投資を行い、失敗をして損をしたという場合は自己責任です。

しかし、一部の悪徳業者の勧誘に引っかかり、半ば強引に契約をさせられて大損をしたという被害もよくあります。
会って話だけでも聞いて欲しいと言われて、会って話を聞いたあとに断ると営業妨害で訴えると言われて強引に取引をさせられたり、特定の商品の取引を電話で持ちかけられて断ると、もう取引を始めてしまったから止められないと言われたりします。

また、取引業者が顧客からお金を受け取りながら、実際は売買を行っていないというノミ行為もみられます。
被害に遭うのは大抵はお年寄りや若い人で、先物取引についての知識があまりない人です。

このような被害に遭わないためには、先物取引に関わらないことが1番ですが、もし、これから行おうとしている場合はどのような点に気をつければ良いでしょうか。

まず、勧誘の方法が強引でないことです。
丁寧な言葉で接してきても、必ず儲かるとか、損が出てもこちらで負担するなどの言葉で勧誘してくる場合は要注意で、必ず儲かるといった勧誘方法は法律で禁止されています。

また、リスクについての説明を十分にしていない業者も避けたほうが良いでしょう。
取引には十分に時間をかけて業者を選択するべきです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:先物取引

このページの先頭へ