ダイワ投信はトップレベルの運用資産残高のある投信会社です

ダイワ投信とは、大和証券グループの投資信託のことです。
大和証券グループは、大和証券や大和投資信託委託、大和企業投資、大和総研等を持つ、日本においては野村證券に次ぐ業界2位の証券グループです。

運用や販売、保管・管理等の専門機関が役割分担することや、自己財産と預かった財産は分別保管することが義務付けられているので、運営管理をする会社が破綻しても信託財産は安全だと言えます。

投資信託を運用するのは委託会社ですが、会社は信託財産に対し運用指図権を有するのみで信託財産は保管しません。
運用する委託会社が破綻した時は、繰上償還されるか、別の委託会社が運用を引き継ぎます。

大和証券投資信託委託、すなわちダイワ投信は、大和証券グループにおけるアセットマネジメント部門の資産運用会社です。

資産運用ビジネスにおけるリーディングカンパニーとして、自社運用に重きを置き、日本株式や外国債券等の運用実績を積み重ね、多種の投資信託やファンドの提供を行っています。

ダイワ投信は、会社として資産運用にとって大切なのは、顧客との信頼関係の構築と考え、実現させる為に一貫した手順に基づいた運用、組織的なリスクの管理、分かり易さを考えた情報開示、きめ細かい顧客サポート、顧客のニーズに対応する商品の提供、コンプライアンス体制の充実等を行っています。

ダイワ信託は、一貫した運用手順と組織的なリスク管理体制の下、ファンダメンタル分析や計量的な分析によって、市場価格に反映されない付加価値を源泉として、中長期的な視点に立つ運用をしています。

ダイワ投信は、日本においてトップレベルの運用資産残高がある投信会社です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ダイワ証券

このページの先頭へ