利便性と情報の質を両立させたダイワTV

日々の経済の動向を知るために、新聞やニュース番組、また経済専門誌などを見ている方は多いことと思います。
最近では、これらの情報媒体にインターネットで配信される情報も加わり、情報源となる媒体は飛躍的に増えました。
情報の量が増えてくると、次に求められるのは情報の質とその情報を得るための利便性になってきます。

先の例で言うと、新聞やニュース番組、また経済専門誌などは、新聞各社やテレビ各局、各出版社のそれぞれの審査を通過した極めて信頼性の高い情報、つまり質の高い情報を発信しています。

しかしその反面、情報を得るための利便性においては、情報を発信する時間などが決められているため、低いと言わざるを得ません。

逆に、インターネットによって配信される情報は、その伝達力の高さから利便性は高いと言えますが、なかには情報の信頼性が低いものもあり質の点ではいまひとつと考えられます。

このように、質と利便性の双方を両立させる例として、大和証券グループが提供するダイワインターネットTVがあります。
ダイワTVは、インターネットで証券情報を配信するコンテンツで、利便性も情報の信頼性も高い情報媒体となっています。

最新のマーケット情報とともに大和証券の商品やサービス、企業の紹介やIR情報などを動画で配信しています。
ダイワTVの視聴者の多くは40代以上で、視聴者数は約15万人とされ、視聴者数については今後も増えてくると見られています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ダイワ証券

このページの先頭へ