ワラントとは、決められた期間内に企業の株式を一定の価格で購入出来る権利の事

投資に興味がある方やこれから投資を行なってみたいと考えている人は、景気の良し悪しに関わらず多数存在します。
しかし、株式用語は難しいイメージがあり、敷居が高いと感じる人も少なくないでしょう。
2004年の商法改正により新株予約権制度が創設され、従来から存在する新株取引権のワラントと混同されがちなので、新株引受権について解説します。

ワラントとは、決められた期間内に企業の株式を一定の価格で購入出来る権利の事を言い、新株引受権とも呼ばれます。
一般的に、投資家に対して他より低配当率の優先株や低金利の債権を領収してもらう為の販促効果を狙って発行されます。

新株引受権がいかに魅力的か、購入のインセンティブとしてどれだけの成果が出るのかというのは、発行会社の成長の可能性によって通常決められます。

ですから、見通しが明るい程魅力は増しますし、発行されれば行使価格は現行の市場価格より高くなります。
具体例を挙げると、15ドルで取引されている株式のワラントの場合、以降10年以内に30ドルで株式を買う権利が保障されるといった具合です。

価格が30ドルを超えた際、株式を購入する為に新株引受権を運用すれば、ポートフォリオに保有する事も利益を出す為転売する事も可能です。
しかし、ワラントの利用期間を通し株式の価格が下がった場合は、価値がなくなるので注意しましょう。

この新株引受権はハイリスク・ハイリターンの取引の面を持つ一方で、投資額以上の損をする事はないので、外貨FXや一般的なオプション取引と比較してそれ程高いリスクはありません。

また、ほぼ好きな時に換金が出来、流動性に富んでいるといった特徴がある商品です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:カバードワラント

このページの先頭へ