初心者でも投資がしやすいカバードワラントについて

カバードワラントはオプション取引の一つですが、初心者でも比較的に投資がしやすい金融商品です。
その取引を始めるにあたっては、取り扱っている証券会社に口座を開設することが必要となります。
証券会社によりますが、取引所を介さないで取引することが出来るため、24時間取引を行える場合もあります。

その投資する対象については、株式や債券、日経オプション、商品等豊富な種類があり、バリエーションが多岐にわたっていることが何と言っても魅力です。
銘柄によっては1万円前後の金額から取引を始める事が出来ます。

現在、原油のWTIの高騰が懸念されていますが、そのWTIのカバードワラントのコール型を購入しておけば、実生活に対してのヘッジをかけることも出来ます。

そして、対象原資産の価格が上昇した場合に受取金の発生が期待できるコール型、対象原資産の価格が減少した場合に受取金の発生が期待できるプット型、その他にピンの価格に近ければ近いほど受取金が発生するニアピン型という様に三つの取引の種類があります。

価格が下がってもプット型取引で収益を期待できることで、現物株のヘッジとしても活用できる要素があるのです。
なぜ初心者でもカバードワラント取引が投資しやすいかについては、そのリスクが限られるということがあります。

つまり、投資した金額以上の損失の発生が一切ないということです。
しかも、WTIの様に投資対象が株式だけでなく、商品先物で扱っている商品などもオプション取引が出来るので、商品先物取引に抵抗がある人にとっても、スムーズに入っていけるメリットがあるのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:カバードワラント

このページの先頭へ