eワラントを為替のリスクヘッジ手段として活用するのも1つの方法です。

eワラントはFXと同様にレバレッジを効かせて投資できる金融商品ですが、FXと大きく違う点は追証が不要で投資した資金のみに損失が限定される点も特徴です。
eワラントが魅力なのは運用される商品の多彩さで、国内外の株式や為替指数、コモディティなどに投資され、単元株では手が出にくい株式にも投資できる点も大きな魅力です。

上げ相場、下げ相場どちらでも投資できる点もポイントで、運用の幅も広いので利益が得やすい投資と言えます。
FXの損失カバーのために活用されることも多いのですが、この商品単体での投資も十分、魅力でネット環境があれば、証券会社を通じて取引が可能です。

また少額から投資できる点もあり、取引時間も長いのも投資しやすいと言えます。
ただ、これも為替相場や価格の変動を受け、必ずしも利益が出る金融商品ではありません。

この点はFXなどの金融商品と同じです。
資産運用で金融商品を選ぶ際、気になるのはリスクですが、ペイオフが敷かれている預金以外は全てリスクが隣合わせと言えるでしょう。
そのリスクとどう向き合うか、ヘッジするかも大切です。

分散投資もその1つで多様な商品に投資することで一極集中によるリスクを防げます。
その意味でもワラントは有効で、FXのカバーにオプション投資として活用されることも多い点も特長です。

さらに投資を時間的な面でみてみると、いつでも購入でき、決済できる点もリスクヘッジの1つで、柔軟に対応できる金融商品を選ぶことでそれも可能になるでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:カバードワラント

このページの先頭へ