マツダの現況と有価証券報告書

広島県に本社があるマツダ株式会社は、国内では生産台数第4位の自動車の製造・販売会社です。
1920年東洋コルク工業として創業し、1927年に東洋工業株式会社へと社名を変更し、1984年にマツダ株式会社となり現在に至っています。
以前は、ロータリーエンジンを搭載した世界唯一の自動車メーカーとして名を知られていました。

「マツダの現況と有価証券報告書」の続きを読む

カテゴリー:有価証券

投資有価証券の時価評価をしなければならない条件

有価証券は大きく分けて4つに分類されます。
1つは売買目的有価証券で、通常の市場で取引されていて市場性のあるものだとされている株などの有価証券や、1年未満で満期を迎える債券などがそれにあたり、一般に短期的な投資による売買で利益を追求するのが売買目的有価証券です。

「投資有価証券の時価評価をしなければならない条件」の続きを読む

カテゴリー:有価証券

株式購入企業の選定には有価証券報告書が重要

資産を増やす目的で株への投資を考えている方は多くいます。
株主になると配当金が貰えたり、購入時点の価格より上がった時は値上がり益が得られ、また、株主優待制度が受けられるといったメリットがあります。
株券を購入する手順は、まず最初に証券会社に口座を開き、次にその開いた口座にお金を振り込みます。

「株式購入企業の選定には有価証券報告書が重要」の続きを読む

カテゴリー:有価証券

有価証券報告書の英訳サービスを提供する企業について

企業のグローバル化が進んで来ているとともに、日本の株式市場においても外国人投資家が多く参加しています。
そこで、投資家が個別企業に対する投資判断を行う時に、重要な材料となる有価証券報告書などのデータを英訳し、外国人投資家に向けても積極的な情報発信を行うことが求められているのが現状です。
しかしながら、専門性の高い財務系の翻訳が出来る人材は不足しているため、自社だけでは英訳が困難な時に有価証券報告書などの書類を英文化するサービスを提供している企業がいくつかあります。

「有価証券報告書の英訳サービスを提供する企業について」の続きを読む

カテゴリー:有価証券

金融庁から義務付けられている有価証券報告書とは

金融商品取引法第24条によって提出が義務付けられているものに、有価証券報告書が挙げられます。
これは一定の規定に当てはまる株式会社が事業年度毎に企業の内容を報告するもので、金融庁から義務化されている開示資料です。
義務付けられている株式会社としては、証券取引所に株式公開を行なっている、店頭の登録をした株式の発行会社、資本金5億円未満の会社を除く過去5年間に事業年度末時点の株券や優先出資証券の保有者数が1,000人以上となったことがある会社等で、提出期限は事業年度終了後3カ月以内と決められています。

「金融庁から義務付けられている有価証券報告書とは」の続きを読む

カテゴリー:有価証券

ファナック株式会社と有価証券報告書について

1956年、民間会社として日本で初めてNC(数値制御装置)の開発に成功したのがファナック株式会社です。
当時は富士通株式会社の一部門でしたが、1972年に富士通から分離・独立して富士通ファナック、1982年には現社名のファナック株式会社となり現在に続いています。
その企業としての成長には目を見張るものがあり、NCとサーボによるFA(Factory Automation)事業・その応用のロボット事業・ロボマシン事業は、国内のみならず世界的にもトップレベルの地位を確立しています。

「ファナック株式会社と有価証券報告書について」の続きを読む

カテゴリー:有価証券

富士ゼロックスの状態は傘下となる企業の有価証券報告書から読み取れます

1962年に富士写真フイルムとイギリスのランク・ゼロックス社の合弁により創立した富士ゼロックス株式会社は、2001年に富士写真フイルムの連結子会社となりました。
そして、2006年には富士フイルムホールディングス株式会社が設立され、同社の傘下となっています。
富士ゼロックスの財務データはホームページに掲載されていますが、それ以外のデータを知るための有価証券報告書は富士フイルムホールディングス株式会社を参照することになります。

「富士ゼロックスの状態は傘下となる企業の有価証券報告書から読み取れます」の続きを読む

カテゴリー:有価証券

店頭売買有価証券市場の現在

株式用語には聞き慣れない用語が多く難しく感じる人もいますが、店頭売買有価証券市場とはどういったものなのでしょうか。
2010年10月にJASDAQとNEO、そしてヘラクレスの3市場が統合され、新JASDAQが開設されました。
現在JASDAQ市場は、東京証券取引所が運営する株式市場となっています。

「店頭売買有価証券市場の現在」の続きを読む

カテゴリー:有価証券

有価証券と有価証券オプションについて

有価証券として代表的なものは株券です。
株券は一般の人も可能な投資の対象として、比較的簡単に参加出来るので多くの人が投資しています。
また、現在ではインターネットの普及により、証券会社の店頭を通さずネットだけで売り買いするネット証券会社の存在もあり、株式売買がより身近なものとなり投資する人の数は増えています。

「有価証券と有価証券オプションについて」の続きを読む

カテゴリー:有価証券

有価証券評価損とは処理方法が有価証券の性質により異なるものです

会社の帳簿を管理する上で、会計処理上で有価証券は様々な分類をされます。
まずは1年以内に満期を迎えるもので、比較的短期間で利益を上げることを目的としているものを売買目的有価証券と呼ばれ、会計処理を行う際には時価評価を行うことで購入時の価格との差額が損益として処理されるものです。
その際の有価証券評価損とは、時価評価を行なった時に有価証券を取得した時の時価と証券会社に支払った諸費用も合わせた取得価格から、時価を引いた時に出た損失を表わしています。

「有価証券評価損とは処理方法が有価証券の性質により異なるものです」の続きを読む

カテゴリー:有価証券

このページの先頭へ