初心者でも安心のSBI証券オンライントレード

よくニュースの終わりの何十秒間という隙間に株価や為替相場等の情報が流されますが、株やFXをしない方にとっては特に興味の引く内容ではないかもしれません。
アベノミクスのおかげで株価が上昇したともてはやされても、やはり株を買っていない人にとっては関係のない情報に感じるでしょう。
しかし、株は誰でも買うことができますので、株価が上がることを嬉しいニュースとして聞き入る人の仲間にいつでも入ることは可能です。

「初心者でも安心のSBI証券オンライントレード」の続きを読む

カテゴリー:SBI証券

300万人から支持されるSBI証券とは

SBI証券は、日本国内でのネット証券口座開設数と国内株式の個人売買代金シェアがトップレベルを誇る証券会社で、2014年には口座開設数が300万を突破し、顧客満足度ランキングでは8年連続1位という快挙を達成しています。
では、どんな理由から選ばれているのか紹介していきましょう。

「300万人から支持されるSBI証券とは」の続きを読む

カテゴリー:SBI証券

初心者の口座開設にもお勧めのSBI証券ホームページ

新聞紙面を見ると株式欄のページがありますが、株に興味を持っている方は少なくありません。
株を購入するということは、その会社の共同オーナーになることであり、上手く売買すれば大きな儲けのチャンスになります。
しかしながら、判断を誤れば売買のリスクを背負うケースもあり得ます。
とは言っても、株の購入には資格や年齢制限などは一切無いため、誰もが気軽に始められる投資です。

「初心者の口座開設にもお勧めのSBI証券ホームページ」の続きを読む

カテゴリー:SBI証券

SBI証券のバックアップサイト

SBI証券は口座開設数300万を突破して主要ネット証券第1位の口座開設数となり、2014年度オリコン顧客満足度ランキングにおいては、ネット証券部門で8年連続1位に輝いた企業です。
そして、ヘルプデスク協会が発表した「サポートポータル格付け」と「問い合わせ窓口格付け」の2部門で三つ星を獲得するなど、ネット証券として高い評価を得ています。

「SBI証券のバックアップサイト」の続きを読む

カテゴリー:SBI証券

SBIホールディングスとは多くの企業グループを統括する会社です

SBIホールディングスとは、1999年にソフトバンク・インベストメント株式会社として設立された企業で、2000年には大阪証券取引所のナスダック・ジャパンに上場し、2002年には東京・大阪証券取引所の第一部に上場を果たしました。
当初は設立時の社名からも分かる通り、ソフトバンクグループの関連企業として設立されましたが、2006年にソフトバンクグループ保有の株式が全て売却されて完全に独立しています。

「SBIホールディングスとは多くの企業グループを統括する会社です」の続きを読む

カテゴリー:SBI証券

株式会社SBI証券の会社概要は、公式サイトに詳しく掲載されています

株式会社SBI証券は、本社を東京都港区六本木に置くSBIホールディングス株式会社の子会社で、詳しい会社概要は公式サイトに掲載されており、2014年6月30日時点の資本金は479億3,792円で、発行済み株式の総数は3,461,559株です。
日本証券業協会と一般社団法人金融先物取引業協会、日本投資者保護基金に加入していて、国内外株式・投資信託・債券・FX・先物取引・オプション取引・eワラントなどを取り扱っています。

「株式会社SBI証券の会社概要は、公式サイトに詳しく掲載されています」の続きを読む

カテゴリー:SBI証券

無料でSBI証券の便利なツールを使用する方法

SBI証券のHYPER SBIは、頻繁にネットを利用して株取引をする人にお勧めの、リアルタイムトレードツールです。
自分に必要な情報収集から注文発注までを一貫して行えるので、快適な取引環境が実現します。
板情報画面でのマウス操作のみで、発注から指値の訂正、取り消しが可能なので、初心者はもちろん、数秒を争うアクティブトレーダーまで便利に発注できます。

「無料でSBI証券の便利なツールを使用する方法」の続きを読む

カテゴリー:SBI証券

SBI証券で取り扱われているインドネシア株式

SBI証券では、国内株式だけではなく外国株式も、国内口座と別に口座開設を行えば取引をすることが可能です。
口座開設や管理手数料は無料で、既に口座を持っている人なら最短で申し込み完了と同時に口座開設ができます。
こうした外国株式の中で最近注目されているのがインドネシア株式で、インドネシア証券取引所に上場している中でも、SBI証券が選定した代表銘柄の取引ができ、取引に掛かる手数料は、約定代金の1%か最低手数料の238,000インドネシアルピアのみです。

「SBI証券で取り扱われているインドネシア株式」の続きを読む

カテゴリー:SBI証券

SBI証券のマーケットランキング

SBI証券の公式サイトには、国内株式・外国株式・投信・FX・NISAのマーケットランキングが掲載されています。
国内株式は東証1・2、JASDAQ、名証、福証、札証、マザーズについて、値動きやでき高、売買代金、業種別、当社ランキングの確認が可能です。
値上がり率・幅、値下がり率・幅についての順位が知りたい場合には値動きを見ると良く、でき高や売買代金では高い順、急増している順に切り替えて確かめられます。

「SBI証券のマーケットランキング」の続きを読む

カテゴリー:SBI証券

バックアップサイトも完備されているSBI証券

証券会社は、ネット証券と総合証券の2つに大きく分けられます。
ネット証券のメリットは手数料が安く、口座管理費が掛からない事で、総合証券と比較すると取引手数料は5分の1~10分の1程度で済むので、ネット証券をメインの証券会社として利用している投資家が増えています。
特に初心者が投資を始める場合、小額投資で運用に少しずつ慣れて行く事が大切なので、小額投資向けの証券会社を選ぶ事を推奨します。

「バックアップサイトも完備されているSBI証券」の続きを読む

カテゴリー:SBI証券

このページの先頭へ