SMBC日興証券の高額な年収と給与制度

SMBC日興証券の給与制度は、例えば2007年入社の場合、大別して3つのクラスに分けられます。
若手の総合職はクラス2と呼ばれる2段階目で入社し、全国転勤ありで約26万円と、それに残業代がプラスされる給与体系です。
また、家賃の補助も受けられるようになっており、人事評価によって最速4年でクラス3に昇格が可能となっています。

「SMBC日興証券の高額な年収と給与制度」の続きを読む

カテゴリー:日興証券

積極的に支店を拡充してリテール販売強化をするSMBC日興証券

SMBC日興証券では、2013年から2016年までの3年間で、支店網を2013年の109店舗から約2割である25店舗増やすことで、個人向けであるリテール販売網の拡充をする方針を示しています。
それに合わせて、営業を中心とした600人の人員増強やシステム投資を行うことも発表しており、他社の多くが営業拠点の縮小やオンライン取引へのシフトなどによるコスト削減を図っている中でのこうした発表は異例です。

「積極的に支店を拡充してリテール販売強化をするSMBC日興証券」の続きを読む

カテゴリー:日興証券

日興オンライントレードの特徴

SMBC日興証券は、かつて日本三大証券の一つであった日興証券の流れを汲み、現在は三井住友フィナンシャルグループ傘下の証券会社として実力を発揮しています。
従来の店舗を構える取引方法に加え、インターネットを使用したオンライントレードにも力を入れています。
日興オンライントレードはイージートレードのサービス名称で、安心、便利、使いやすいがキャッチフレーズです。

「日興オンライントレードの特徴」の続きを読む

カテゴリー:日興証券

全国展開でお客様のニーズに応える日興証券会社

SMBC日興証券株式会社は、日本の5本の指に入る証券会社の一つである総合証券会社で、三井住友銀行の子会社です。
経営理念は、お客様を第一に考えて満足度が高い価値を提供するという事や、お客様のパートナーとして共に発展し、信頼を獲得するような会社を目指す事、そして、金融機関として健全な市場発展と社会貢献をするという事や、時代の流れを造り、多様性、柔軟性をもって働きやすい職場を造る事としています。

「全国展開でお客様のニーズに応える日興証券会社」の続きを読む

カテゴリー:日興証券

SMBC日興証券は株価情報、マーケットニュースなどが豊富

日興証券と言えば、かつて日本の四大証券会社として証券業界をリードしてきましたが、1990年代に入り、バブル崩壊後の株価低迷や証券不祥事などから業績の落ち込みが見られました。
1998年にアメリカのシティグループと提携し、翌年法人向けの証券業務や投資銀行事業を現在のシティグループ証券へ移管し、以降リテール部門の証券会社としての位置付けで推移してきました。

「SMBC日興証券は株価情報、マーケットニュースなどが豊富」の続きを読む

カテゴリー:日興証券

SMBC日興証券は投資銀行としての業務が拡充

投資銀行という言葉はあまり聞き慣れませんが、一般の銀行とは違うのでしょうか。
実は、銀行と名は付いていますが、私達が身近に利用している形態の銀行とは異なり、企業の株式や債券発行による資金調達や、財務、合併、吸収などに関するアドバイスを行う金融機関の事で、個人向けの業務は行なっていません。

「SMBC日興証券は投資銀行としての業務が拡充」の続きを読む

カテゴリー:日興証券

SMBC日興証券株式会社は日本を代表する証券会社の一つです

SMBC日興証券株式会社は、イチロー選手のCMで知られる日本でも有数の証券会社で、日本の5大証券会社の1つとして数えられ、三井住友銀行の完全子会社である総合証券会社です。
取り扱っている商品は多岐に渡り、国内株式はもちろんとして、海外株式まで扱う株式や、同じく国内から海外まで扱っている投資信託があります。
債券としては事業債・社債や外国債券と、今話題となっているもので言えば個人向け国債です。

「SMBC日興証券株式会社は日本を代表する証券会社の一つです」の続きを読む

カテゴリー:日興証券

SMBC日興証券では、国際的な投資信託の商品を扱っています

SMBC日興証券の投資信託の新商品として、2014年1月現在、紹介されているものがいくつかあります。
最初に紹介されているのが、G-SIFI’sと呼ばれる世界的なグローバルな金融システム上、重要な金融機関として主要各国の金融監督当局で構成されるFSB・金融安定委員会が認定する金融機関が発行するハイブリッド証券です。
ハイブリッド証券とは、株式と債券の両方の性質を持つ証券のことで、様々な特徴があります。

「SMBC日興証券では、国際的な投資信託の商品を扱っています」の続きを読む

カテゴリー:日興証券

大手で安心という評判のSMBC日興証券

SMBC日興証券は、三井住友銀行が100パーセント出資している証券会社です。
元々、SMBC日興証券の前身は野村證券、大和証券と共に、日本の3大証券に数えられていた日興コーディアルグループの運営によるものでしたが、紆余曲折の末、現在の位置を占めるようになりました。

「大手で安心という評判のSMBC日興証券」の続きを読む

カテゴリー:日興証券

日興証券オンライン株取引は手数料が完全無料です

日興証券のオンライン株取引を利用しますと、自動的に現物取引の売買手数料が通常の70パーセント割引、一般信用取引、制度信用取引ともに取引金額に関わらず常に取引手数料が完全無料となっています。
オンライン証券業界の手数料無料は、日興証券だけです。

「日興証券オンライン株取引は手数料が完全無料です」の続きを読む

カテゴリー:日興証券

このページの先頭へ