投資信託の解説と検索方法に優れた三井住友銀行のサイト

三井住友銀行では、投資信託の販売を行なっているだけでなく、各商品に対する相談にも応じています。
とはいえ、相談に行こうと思っても普段銀行を利用しているのは窓口業務終了後という方も多いでしょう。
そこで、休日営業店舗では土曜日を中心に営業をしており、一部店舗では日曜や祝日にも相談対応を行う店舗があります。

「投資信託の解説と検索方法に優れた三井住友銀行のサイト」の続きを読む

カテゴリー:投資信託

投資信託の分配金で生活をする際のポイント

投資信託とは、複数の投資家から集めた資金を投資のプロが国内外の株式や通貨や不動産といった投資対象に対して投資を行うもので、ファンドなどとも呼ばれます。
この魅力としては、個人の少資金ではなかなか難しい投資対象にも投資が出来る点と、専門家によって運用される点が大きいです。
投資信託で得られた収益に関して、決算ごとに投資家に分配されるお金の事を分配金と呼び、個人投資家の中にはこうした分配金によって生活をしている人も少なくありません。

「投資信託の分配金で生活をする際のポイント」の続きを読む

カテゴリー:投資信託

長期投資に有利な投資信託で賢い資産運用

金融商品はいろいろありますが、一つの金融商品、例えば一社の株式だけを投資対象としている場合は、その投資対象の経営が不調になると投資の全てを失ってしまう恐れがあります。
これが、いわゆる投資リスクです。
一方、投資先を日本・海外株や外国債券などに分散すればリスクも分散されますが、こうした分散投資を個人が行うのは簡単とは言えません。

「長期投資に有利な投資信託で賢い資産運用」の続きを読む

カテゴリー:投資信託

投資信託の簡単な仕組みについて

投資信託では、個々の出資者が出資した資金をまとめて投資をし、運用を行なって利益を目指すもので、出資者には出資額に応じた分配金が支払われるというのが簡単な仕組みです。
その投資対象は多様で、例えば不動産を投資対象としたものはREITと呼ばれます。
REITでは、個人ではなかなか投資の出来ない大型商業施設やビルなどにも、多くの資金を集めることによって投資をすることを可能にしており、REITの運用会社は運用益の90%超を分配することなどを条件に法人税がかからないため、分配金が出やすい商品です。

「投資信託の簡単な仕組みについて」の続きを読む

カテゴリー:投資信託

投資信託のSBIを紹介します

SBIはソフトバンク中間持株会社のソフトバンク・ファイナンスが前身で、2006年にソフトバンクグループから独立し、SBIグループとして様々な事業の展開を図っています。
ブランドの管理・運用はSBIフォールディングスが行なっており、証券業、銀行業、住宅ローン事業などグループの事業内容も多岐に亘っています。
その中で、投資信託を扱っているオンライン証券会社と銀行を紹介します。

「投資信託のSBIを紹介します」の続きを読む

カテゴリー:投資信託

海外債権に特化した投資信託「月桂樹」

月桂樹はクスノキ科ゲッケイジュ属に分類される地中海沿岸原産の常緑樹で、葉に芳香があり古くから愛用されてきました。
また、古代ギリシャやローマの時代には、ギリシャ神話のアポロンの聖なる樹として神聖視された樹木でもあります。
更に、葉のついた若枝を編んだものが勝利と栄光のシンボルとして勝者の頭に飾るのは、現在でも見られるシーンです。

「海外債権に特化した投資信託「月桂樹」」の続きを読む

カテゴリー:投資信託

投資信託における分散投資効果

実際に個人で投資する場合のリスクマネジメントの方法としては、実物取引と先物取引といった異なる取引を組み合わせて行うものがありますが、投資信託においては、リスクマネジメントに関しても商品の中で行なってくれます。
これが個人で少額投資を行うのとは違って、集めた資金をまとめて投資をすることが出来るスケールメリットの一つで、商品の中でも、相場の動きの傾向が異なる特徴を持つ資産に分けて投資するのが分散投資です。

「投資信託における分散投資効果」の続きを読む

カテゴリー:投資信託

大和投資信託の購入までの流れ

大和投資信託で様々なファンドを購入する場合には、まず口座開設から始めます。
インターネットでは24時間申し込みを受け付けていて、口座開設申込書の取り寄せ手続きや自宅のプリンターで口座開設申込書を印刷する事でも申し込みが可能です。
全国各地にある大和証券の店頭窓口では即日の口座開設も可能なので、本人確認などの書類を持参の上で手続きされる事をお勧めします。

「大和投資信託の購入までの流れ」の続きを読む

カテゴリー:投資信託

投信の販売会社なら新生信託銀行がお薦め

近年、投資家の間で投資信託(投信)が人気と言われています。
それは、株式への投資などがハイリスク・ハイリターンであるのに比べ、リターンが少ないもののリスクの小ささが投資家に支持されているからです。
では、投資信託がどのような仕組みでできているか見てみましょう。
まず、投信を購入する投資家は利益が出た際の享受者であるため受益者と呼ばれます。

「投信の販売会社なら新生信託銀行がお薦め」の続きを読む

カテゴリー:投資信託

TOPIX連動型上場投資信託の特徴とメリット

TOPIX連動型上場投資信託とは、上場投資信託・ETFの1つである金融商品で、証券取引所に上場しているため株などと同様に取引が出来、TOPIXの動きに近い運用が期待出来る投資信託です。
日経平均株価とTOPIXは良くニュースの中でも紹介されているので混同する人も居ますが、日経平均株価は東証1部上場銘柄から日本経済新聞社が選定した225銘柄を平均した株価のことを指します。

「TOPIX連動型上場投資信託の特徴とメリット」の続きを読む

カテゴリー:投資信託

このページの先頭へ