株取引口座開設の前に証券会社の比較検討を

株を持つと言うことはその企業に金銭を出資することであり、間接的にその企業の経営に参加することにもなります。
総会への出席の権利、配当を受ける権利、新株の取得、そして会社解散時には残余財産の分配を受ける権利も与えられます。
証券取引所に上場されている会社の株を買って株主になろうとする場合、初めに証券会社に自分の口座を開設する必要がありますが、銀行と同じように、証券会社も国内には多数存在しています。

自宅や職場に近い支店を訪れたり、あるいはパソコン操作ができる人なら、インターネットを利用したオンライン証券も最近は普及していますので、それを利用して口座を開設することも可能です。

店舗型の証券会社と比較して、単純に手数料で比較するならオンライン証券が圧倒的にお得で、店舗の維持費や人件費を削減して手数料を低く抑えています。

オンライン証券の中でも各社独自の手数料体系があり、取引金額によっては10万円まで無料のところもありますし、デイトレードのように取引回数や取引金額が多くなることが予想される場合は、一律定額制を採っている会社の方が有利です。

このように、投資目的や投資金額によって違ってきますので、一概に手数料だけで比較して判断するのは避けた方が良いでしょう。

サービス面で比較してみると、分析ツールや情報ツールが豊富で充実しているところや、口座を開設するだけでポイントが付いたり、現金還元があるところなど様々なサービスを提供していますので、口座を開設する前に検討して最適なところを見つけましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:証券会社

このページの先頭へ