3大証券会社のツール比較について

証券会社で提供しているリアルタイムの株価データ、チャート、企業の財務情報や最新のニュース、アナリストレポートなどの情報や、取引の開始から終了時までの売買を迅速に行う為の取引ツールは投資家に重宝がられています。
最大手の野村證券では、パソコンや携帯電話でも利用可能なツールを用意しており、初心者から経験者までが満足する高機能なものまで多数あり、口座を開設すると無料で利用できます。

動画でわかりやすく解説する野村ネット&ツールと言うサイトを視聴すると理解しやすくなり、例えば、100銘柄の株価管理可能なウオッチリスト編、高配当利回りの銘柄を探せる銘柄スクリーニング編、外出先で株価分析や売買可能な野村株アプリ編など、10項目から興味のあるボタンをクリックし、各5分から10分程度視聴するだけで、使い方や活用法までがわかりやすく解説されています。

大和証券にも様々な情報ツールがあり、中でも、最大2,000銘柄登録できる画面からマウスのみで取引したり、注文の操作が可能な「トレボ」と、売買タイミングや株価のトレンド分析をする多機能チャートが注目の的です。

SMBC日興証券の投資情報と注文機能が一体化した「パワードレーダー」は、最新の銘柄レポートやマーケット情報が充実し、1万円以上から売買単位や株数を気にしないで指定金額で購入できます。

証券会社各社が改善を重ねてよりよい投資環境を整えて提供していますので、その機能を比較し、自分に合うものを見つけることが投資家として成功に至る鍵となるでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:証券会社

このページの先頭へ