証券会社の手数料を比較した一覧が掲載されているサイト

インターネット上には、証券会社の株式の売買における手数料を比較する一覧が掲載されているサイトが多くあります。
大抵の会社では、売買成立の単位である一約定毎の金額によって料金が異なり、一約定毎の金額に比例して高くなるのが通常です。
また、有店舗型の証券会社よりもネット証券の方が安価で、一覧の安価な順のトップには大手の姿はありません。

一約定が10万円、30万円、100万円というのが価格設定の基準となるのがほとんどですが、この3部門でいずれも手数料が一番安価なのはライブスター証券です。

2位はむさし証券で、特徴としては100万円を超えると300万円まで一定料金となっています。
3位がGMOクリック証券で、平均的に安価な価格設定なのが特徴です。

一方で、一約定毎に料金を支払うのではなく、デイトレーダーのように取引回数が多いタイプの方が使えるのが1日定額制の料金設定で、1日の総約定価格に料金がかかります。

このタイプで一番安いのは10万円までなら松井証券で、10万円以下なら手数料を無料としているのでインパクトは絶大です。

しかし、定額制の場合は約定価格も大きくなりがちなので、500万円で比較をしてみると、GMOクリック証券が首位で、500万円を超えた時の100万円毎の料金に関しても他を圧倒しています。

このように、証券会社毎に手数料の設定に特徴があるので、自分のしたい取引傾向によって会社を使い分けることが賢い利用法と言えるでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:証券会社

このページの先頭へ