イメージ調査から見る求められる証券会社

ある会社がまとめた、証券会社のイメージ調査の結果から見ていくと、会社の認知度に関しては、CMなどでお馴染みの大手の会社の認知度が高くなっている事が分かります。
しかし、実際に口座を開設する等の利用との関係を見ていくと、社名の認知率では40%もの開きのある大手とネット証券会社の間の「現在口座を開いている」という回答は15.2%と12%と差は僅かです。

更に、大手とネット証券の関係を見ていくと、大手の方が口座の解約率が高くなっており、見方によっては、大手からネット証券へと取引会社を変えた動きも見られます。

口座の開設理由に関する設問では、大手の会社の場合には「有名な会社だから」、「信頼できる企業だから」、「経営状態が安定で安心だから」といった様に安心感を求めている回答が多いですが、一方でネット証券の場合は、「手数料が安いから」、「サービスやツールに魅力があったから」といった様に、実利を求めた回答が目立っています。

その様な中で、口座開設における重視する企業イメージの上位は1位が「信頼できる」、2位が「手数料が安い」、3位が「経営が安定している」といった結果です。

そういったイメージから分かるこれからの競争において求められる証券会社は、信頼出来ると同時に手数料が安い事が挙げられます。

同時に行われた市場環境調査においても、これから投資の主役となっていく若者を中心にオンライントレードの活用傾向が見える事から、サーバートラブル等にも十分に対処出来るシステムの構築も求められます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:証券会社

このページの先頭へ