外資系の証券会社への就職・転職と英語力

外資系の証券会社への就職や転職に必要な英語力の最低ラインは、TOEICで700点程と言われています。
700点というのは、会議の案内等の社内文書や通達、自分の日常業務のやり方についての説明を理解出来る程度で、内定の通知や、その後の事務手続きも外資系では英語で行われる事が多く、実際に業務に入ると外国人の同僚とのコミュニケーションも図らなければなりません。

その事を考えるとこの点数で足りるのか不安になりますが、多くの会社で新卒の場合は内定から入社の段階の研修でフォローアップが行われる為、そこで学習をすれば大丈夫であるという見方が大勢です。

また、外国語の力だけを望むのであれば日本人である必要性はないので、こうした語学力という意味ではむしろ日本語力が求められる様になっており、実際の就職試験でも長文のレポートが科せられる事が多くあります。

外資系でも日本人顧客を担当する営業マンに関しては英語があまり必要とされないというのも現状の様ですが、こうした場合も他社で営業経験があったり、コミュニケーション能力が必要となるのは言うまでもありません。

この様に、外資系の証券会社に就職や転職をする為には、日本語を含めた語学力が必要です。

しかし、試験の点数は目安でしかないという点にも注意が必要で、単語や文法の知識だけでなく、自分の意見を論理的に伝える英語力が要求されます。

それは、企業風土の違いもありますが、自分の職務の範囲で自分の意見を言えるという事が外資系の会社では特に求められているからなのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:証券会社

このページの先頭へ