証券会社選びの指標の一つとなる手数料の設定

証券会社で証券投資を行う際には、様々な時に手数料といった費用が発生します。
まずは一部の会社ではありますが、取引には必ず作らなければならない口座を開設し、これを維持管理する時に費用を請求されることがあります。
他に、口座に関連する費用としては、これも会社によりますが入出金時です。

会社によって変わりますが、必ずかかるのが株式等の売買時の手数料で、この額は実店舗で取引を行った場合とネット証券やオンライン取引サービス等を利用した場合で比べると、後者の方が5分の1から10分の1と安価になるのが特徴となっています。

そういった理由もあり、ネットを利用した取引が個人投資家の間で大きく広がってきています。

そこで、最近はこの売買をする時の費用負担を出来るだけ抑えたいというニーズに応えるように、売買手数料に関する会社毎の比較サイトもインターネットで多く存在します。

やはり、そこでも大手で実店舗を持つ会社よりもネット証券専業であったり、軸足をネットに置く証券会社の方が有利な料金設定が行われていますが、そこで見えてくるのが比較的低価格での取引に力を入れる会社と、高額取引に力を入れる会社といった特徴です。

こういった費用は1回取引が成立する1約定毎に100円ほどの会社もありますが、投資家にとっては、株に換算すれば100株持っている会社の1円の値上がり分とも言えます。

手数料ばかりに目がいってしまうのも証券会社選びでは危険かもしれませんが、一つの重要な指標となることは確かです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:証券会社

このページの先頭へ