証券会社で取引する為には必須の口座開設

証券会社で株式投資などの取引を行う際には、まずは「一般」か「特定」のどちらかの自分の口座を開設しなければなりません。
その際に必要なものは、店頭の場合は印鑑と運転免許証などの本人確認書類、郵送やインターネットでの手続きの場合は開設の申込書です。
「一般」と「特定」の違いですが、一般の場合は譲渡益について原則確定申告が必要となり、特定の場合は源泉徴収有りと無しが選べ、有りを選べば証券会社が投資家に代わり、源泉徴収で税金を納めてもらうことが出来ます。

特定を選んでも確定申告が出来ない訳では無いので、最初は特定の源泉徴収有りのタイプを選ぶのが煩雑な手続きを避けるために勧められています。

こうした口座の開設費用ですが、現在は多くの会社が無料ですが、維持管理する手数料は会社によって設定が異なり、ネット証券各社ではほとんどが無料、大手で対面型の会社では一部無料となっています。

入出金時の手数料に関しても同様で、各社で提携銀行からは無料など様々です。

2014年1月から始まった少額投資非課税制度NISAによって証券投資を行おうというニーズが高まっていますが、この時に気をつけなくてはならないのが、1度、1つの証券会社にNISAの口座を開設した場合には他社に4年間は乗り換えられないという点です。

逆に、それによって会社間で、NISAの顧客確保の動きが活発になって様々なキャンペーンが行われています。

そういったキャンペーンの内容や、資料請求によって、自分の投資目的に合った証券会社に口座を開設しましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:証券会社

このページの先頭へ