日本の証券会社年収ランキング上位は全てトップクラスの所です。

日本の金融企業の中で証券会社の年収は、一際目立っており高いと言われています。
その中でも、特に良いという事でランキングの上位にあがっているのが野村証券です。
年代別にみても、30代では平均800万円、40代では1000万円以上を手にする人も出ています。

50代以降になると、同期といえどもそこには開きがある程度は出るらしく、支店長クラス以上の役職になると2500万円と驚く金額になりますが、役職以外のポストになるとガクンと落ち1500万円くらいというのが普通のようです。

しかし、これでも一般企業と比較をするとかなり高いと誰がみても感じるでしょう。
次に、日本でトップといわれる証券会社として有名な会社は、大和証券です。

こちらの年代別年収も、30代の平均は約600~700万円となっていて、40代では1000万円はきりますが、それでも800万円は確実だと言われています。

しかし働き方次第では、30~40代で役職に就く事が出来るのも、この企業のある意味他とは違うところなので、早くに1000万円以上になるのも夢ではないようです。

最後は日興証券で、こちらもランキングでは上位にあがっています。

最近は新卒採用を見送っているので、会社で働く人の平均年令が41才と他に比べればやや高いため、おのずと年収は高くなりますから、先に挙げた2つの証券会社と大体同じくらいとなっています。

どれも大手ばかりがランキングにあがっていますが、一般的に金融系の会社は普通の民間企業の倍以上の差があるのは確かな事のようです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:証券会社

このページの先頭へ