株取引には欠かせない証券会社コードの一覧

皆さんが株取引をする際にとても重要なのが、証券会社コードになります。
この証券会社コードというのは、投資したい銘柄全てについていて、株取引の際には、投資する銘柄についている4ケタのコードを入力、または、記入することになっています。

自分でインターネットによる株取引をする場合、この4ケタのコードを入力していきます。
各取引所のインターネットサイトをみると、一覧になっているのでとても便利です。

もちろん意味があってつけられているコードで、業種に関係しています。
何度も注目している銘柄のコードは覚えてしまいますが、全てを記憶する必要はありません。

例えば、建設関係なら1700番台から1999までという具合に、業種別で分けられています。
最近では、インターネットを利用した取引が多くなりました。
必然的に、証券会社コードに触れる機会も増しています。

株取引といっても様々な売買スタイルがあり、長く保有する場合と、超短期取引といって1日に何回も取引を繰り返すこともあります。
いわゆるデイトレードというものです。

この場合はさすがに、コードを暗記しておくことが必要不可欠になります。
その場合、1回の取引にかかる手数料の安い会社を選ぶと良いでしょう。

また、長期投資の場合も放っておくことは避けて、相場の動向だけはこまめに確認しておく必要があります。
気がついたら額面割れしてしまうということもあり得ますので、市場には常に敏感でいましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:証券会社

このページの先頭へ