証券会社コールセンターの受付業務と証券外務員一種試験

最近、ネット証券コールセンターに電話すると、長い間待たされたり、まったく通じないケースが多いようです。
その繋がりにくい原因は、人材難にあると考えられます。
過去に見たこともないハイペースで株価は上昇を続けています。

しかも、2013年4月に日銀による金融緩和策が提示されたことにより、東証一部の売買代金は、以前に比べ1.5倍程度まで急増しており、ネット証券の売買も加速度的に増えています。

2012年の8月から11月は、1日あたり売買代金は250億円まで下がっていましたが、2013年4月の実績値で1日あたり2000億円と8倍まで増加しています。

3月の1日あたり実績値が1300億円でしたので、前月比1.5倍です。
日銀の金融緩和が発表された4月5日以降も、驚異的なペースで増えています。

将来証券会社で働きたい人や金融関係に就きたい人は、証券会社のコールセンターに派遣されると、スキルアップにつながります。
ただし、証券や保険は何度も研修や試験があり、大変なことは認識しておく必要はあります。

そして、コールセンターで勤務し、証券外務員一種試験を受験することが普通です。
したがって、派遣社員で証券会社コールセンターで勤務したい場合には、まず証券外務員二種試験に合格する必要があります。

また、コールセンターは電話応対が基本なので、ビジネススキルとして電話応対や敬語などは、派遣社員の業務でしっかり磨いておきましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:証券会社

このページの先頭へ