株取引を始めるにあたっての、おすすめの証券会社は

インターネットの普及に伴って、個人で株の取引をする人は年々増えています。
以前のように、取引する際にその都度証券会社に電話を入れるなどというスタイルはほぼ無くなり、パソコンでワンクリックするだけで自由に取引ができるというのは、様々な人に受け入れられたようです。

実際に取引をするにあたって、どの証券会社を選ぶのかは悩みどころです。
ただ口座の管理手数料がかからない会社が多いですから、複数の口座を持っておいても良いと思います。

その中で選ぶ基準としては、手数料の面とサービス提供の面があります。
株は売買をするごとに一定の手数料が発生しますが、これは各会社によって差が出ます。

一日に何度も売買を繰り返すデイトレードの場合に手数料が一律になるケースもありますので、会社ごとにしっかり比較する必要があります。

サービス提供の面では、株価更新のスピードや様々な過去データの提供、最新情報がいかに早くもたらされるかなど、これも会社より品質の違いが存在します。

自分の求める情報をどこまで提供してくれるのか、事前に調べておくと、取引の際には有効活用できるかと思います。
他にも、新規上場に強い会社や海外市場に強い会社、債券や外貨投資など多岐に渡ってサービスを提供している会社など、証券会社ごとに特徴が分かれています。

おすすめは、頻繁に取引を行うメインの口座と、長期投資と情報収集目的の口座に分けて持ち、それぞれを有効活用して投資を行っていくやり方です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:証券会社

このページの先頭へ