ブックメーカーの違法性について

ブックメーカーという言葉をご存知でしょうか。
ブックメーカーとは、欧米における賭け屋のことであり、縮めてブッキーとも呼ばれます。
ブッキーは胴元にはならず、掛け率を提示してお客様の投票を募り、賭けの結果により勝者に配当をする賭博行為を行っています。

では、何故欧米における賭け屋のことを指すのかと言うと、日本では違法とされている行為だからです。
日本においては、法律により定められた胴元以外から、公営競技の賭博を行うことは、ノミ行為と呼ばれる行為であり、禁止されており、これは、実際に勝者に現金の支払いが行われなかったとしても、商品を提供するという行為も罰せられるように、厳しく取り締まりがなされています。

過去の判事をたどると、高校野球や、相撲に対する賭博に対して処罰されている事例もあります。
では、欧米において、ブックメーカーは合法なのかというと、必ずしもそうとは言えません。

歴史を紐解くと、18世紀の末に、イギリスのニューマーケット競馬場で始まったと言われ、初めこそ、競馬の歴史とそぐわないという理由から利用者は少なかったものの、徐々に参加者も増えました。

そして、1960年には、イギリス政府公認の制度となりました。
ただし制限もあり、これを行うには免許の取得が必須で、また、アメリカ合衆国においては、多くの州においては非合法となっており、シンガ
ポールやカナダでは公営のみ運営が許されています。

以上、その国により合法か、違法かは、制度により異なります。
賭博の対象には、クリスマスに雪がふるか、といったような賭博のイメージから離れているものもありますので、合法の国に旅行に行く際は、試してみるのも良いかもしれません。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ブックメーカー

このページの先頭へ