証券会社が扱う幅広い金融商品

証券会社が取り扱っている金融商品には様々な種類があります。
株式が一番知られていますが、自己資金で株を購入する現物取引と、証券会社から資金を借り受けて株を購入する信用取引があり、投資対象となる株式は日本株だけではなく、外国株まで広がりを見せており、最近取扱いが増えているのは中国株です。
有価証券として株と同じように取引されているのが債券で、国や地方公共団体、企業などが資金調達をする時に発行する借入れを行なった時の借用証書のような役割を持っています。

「証券会社が扱う幅広い金融商品」の続きを読む

カテゴリー:証券会社

証券会社も扱っている債券のリスクについて

債券とは、発行する発行体が国であれば国債、会社であれば社債などと呼ばれる、資金を調達する為に発行する有価証券で、国や会社などに資金を貸すことにより利息が得られる借用証書とも言えるものです。
それらには、約束されている利率や資金を返す満期日等が明記されています。
利率や満期日というと定期貯金を思い浮かべてしまいますが、定期貯金との大きな違いとしては、こうした債券は市場で満期日前に売買することが出来るという流動性です。

「証券会社も扱っている債券のリスクについて」の続きを読む

カテゴリー:証券会社

好調な2013年の証券会社の決算

2013年の証券会社の決算は、アベノミクスによる株高や、2014年1月から始まるNISA・少額投資非課税制度といった投資優遇税制により、以前からの投資家に加えて、これまで投資と縁が無かった人のニーズも高まっている事から明るいものとなっています。
大手証券の2013年3月期決算では、野村ホールディングスが前期に比べ最終利益が9.3倍、三菱UFJ証券ホールディングスが2.8倍、SMBC日興証券が2.3倍と大幅な増益を果たしました。

「好調な2013年の証券会社の決算」の続きを読む

カテゴリー:証券会社

証券会社の業務内容と市場での役割

証券会社は、企業の資金調達の為の株式市場の仲介役をする役割を持っており、株式の取得は必ず証券会社を通じて行われる事となっています。
従って、投資家が証券取引所から直接取引することは出来ません。
こうした業務を委託売買・ブローカーと呼び、投資家から委託を受けて、株式や債券などの有価証券の売買を行うものです。

「証券会社の業務内容と市場での役割」の続きを読む

カテゴリー:証券会社

東証1部に上場している証券会社のリストからみる業界の動向

日本にある証券会社は、日本証券業協会に加盟する金融商品取引業者数から見ると、2014年1月現在で258社となっています。
その中で、東証の1部と2部に上場している証券会社は、一般的な証券会社で16社がリストアップできます。
SBIホールディングス株式会社はネット証券大手として保険や金融業界にも進出している会社で、株式会社大和証券グループ本社は、国内第2位で国内店舗の増強を図っています。

「東証1部に上場している証券会社のリストからみる業界の動向」の続きを読む

カテゴリー:証券会社

証券会社選びの指標の一つとなる手数料の設定

証券会社で証券投資を行う際には、様々な時に手数料といった費用が発生します。
まずは一部の会社ではありますが、取引には必ず作らなければならない口座を開設し、これを維持管理する時に費用を請求されることがあります。
他に、口座に関連する費用としては、これも会社によりますが入出金時です。

「証券会社選びの指標の一つとなる手数料の設定」の続きを読む

カテゴリー:証券会社

証券会社で取引する為には必須の口座開設

証券会社で株式投資などの取引を行う際には、まずは「一般」か「特定」のどちらかの自分の口座を開設しなければなりません。
その際に必要なものは、店頭の場合は印鑑と運転免許証などの本人確認書類、郵送やインターネットでの手続きの場合は開設の申込書です。
「一般」と「特定」の違いですが、一般の場合は譲渡益について原則確定申告が必要となり、特定の場合は源泉徴収有りと無しが選べ、有りを選べば証券会社が投資家に代わり、源泉徴収で税金を納めてもらうことが出来ます。

「証券会社で取引する為には必須の口座開設」の続きを読む

カテゴリー:証券会社

SMBC日興証券株式会社は日本を代表する証券会社の一つです

SMBC日興証券株式会社は、イチロー選手のCMで知られる日本でも有数の証券会社で、日本の5大証券会社の1つとして数えられ、三井住友銀行の完全子会社である総合証券会社です。
取り扱っている商品は多岐に渡り、国内株式はもちろんとして、海外株式まで扱う株式や、同じく国内から海外まで扱っている投資信託があります。
債券としては事業債・社債や外国債券と、今話題となっているもので言えば個人向け国債です。

「SMBC日興証券株式会社は日本を代表する証券会社の一つです」の続きを読む

カテゴリー:日興証券

SMBC日興証券では、国際的な投資信託の商品を扱っています

SMBC日興証券の投資信託の新商品として、2014年1月現在、紹介されているものがいくつかあります。
最初に紹介されているのが、G-SIFI’sと呼ばれる世界的なグローバルな金融システム上、重要な金融機関として主要各国の金融監督当局で構成されるFSB・金融安定委員会が認定する金融機関が発行するハイブリッド証券です。
ハイブリッド証券とは、株式と債券の両方の性質を持つ証券のことで、様々な特徴があります。

「SMBC日興証券では、国際的な投資信託の商品を扱っています」の続きを読む

カテゴリー:日興証券

商業施設に特化した不動産投資信託商品を担う、日本リテールファンド投資法人

日本リテールファンド投資法人は、日本で初めて郊外型ショッピングセンターやロードサイド型店舗の開発、そして都市型商業店舗ビルなど多岐に渡る商業施設不動産の運用に特化した投資法人です。
また、不動産会社以外がスポンサーとなった初めての投資法人として、2002年3月に東京証券取引所に上場しました。
三菱商事・ユービーエス・リアルティ株式会社という、総合商社の三菱商事株式会社と、スイスに本拠を持つ世界有数の金融グループであるUBS A.G.がスポンサーになった会社と資産運用委託契約を締結しており、資産運用はこの会社が担っています。

「商業施設に特化した不動産投資信託商品を担う、日本リテールファンド投資法人」の続きを読む

カテゴリー:投資ファンド

このページの先頭へ