不動産投資用物件に最適な不動産の見分け方

不動産投資については、多くの企業が不動産デベロッパーとして投資家から資金を集めて不動産ファンドを形成するなど、大規模な投資が行われています。
一方で、小さな不動産会社などでも、周辺の空き地などを利用して建売住宅の販売や地主に対してアパート経営を勧めるなどの不動産投資を行っており、このような不動産投資については、物件の良し悪しが投資成功の大きな鍵となります。

「不動産投資用物件に最適な不動産の見分け方」の続きを読む

カテゴリー:不動産投資

将来の為の投資ともなる、不動産経営が人気です。

現在の生活をより豊かにするために、また、老後や将来の生活を安定させるために、不動産投資を行って不動産経営をされる方が非常に多くいます。
不動産経営にも2通りの方法が有り、1つ目は、将来を見据えて地価の上がりそうな土地やマンションを購入しておき、いざ地価が上がってきた頃にその不動産を販売して利益を上げる投資方法です。

「将来の為の投資ともなる、不動産経営が人気です。」の続きを読む

カテゴリー:不動産投資

収益物件を買おうと思っているならJリートでの不動産投資を考えてみても面白いです

中古ワンルームマンションなどの収益物件を保有して不動産投資をしようとしているのであれば、Jリートを保有してみるのもお勧めです。
Jリートは、不動産投資を小口販売できるように証券化したもので、株式市場で売買することができるため、証券会社に口座さえ保有していれば、誰でもいつでも取引をすることができます。

「収益物件を買おうと思っているならJリートでの不動産投資を考えてみても面白いです」の続きを読む

カテゴリー:不動産投資

不動産投資で成功するためには物件選びが重要です

中古ワンルームマンションにせよ、中古ファミリータイプマンションにせよ、不動産投資をするのであれば、その物件選びが重要になってきます。
選択基準としてはいろいろありますが、その中でも重要なことは、第一にエリア、第二に駅から7分以内、第三に近くにコンビニエンスストアやスーパーがあるということです。

「不動産投資で成功するためには物件選びが重要です」の続きを読む

カテゴリー:不動産投資

安定的な収益を望むことができる不動産投資とは

中古ワンルームマンション投資で安定的な収益を上げたいと考えているのであれば、東京23区内で3戸以上の中古ワンルームマンションを保有することを目指しましょう。
不動産投資で一番気をつけなければならないことは空室ですから、空室にならないような物件を選ぶことが何よりも肝心です。
投資利回りや家賃設定などは、付録的な問題になります。

「安定的な収益を望むことができる不動産投資とは」の続きを読む

カテゴリー:不動産投資

よく耳にする、有価証券報告書とは

6月や7月ごろの経済関係のニュースを見ていると、著名な会社の有価証券報告書についての話題が、多く報道されるのを良く見かける方もいると思います。
しかし、この報告書はいったい何を表したものかを、良くご存じでない方も多いでしょう。

「よく耳にする、有価証券報告書とは」の続きを読む

カテゴリー:有価証券

有価証券報告書の概要と提出日について

有価証券報告書は、金融商品取引法で提出が義務付けられている、企業内容に関するディスクロージャー資料のことです。
この有価証券報告書の提出が義務付けられているのは、証券取引所に株式公開をしている企業、店頭登録をしている株式会社、有価証券届出書を提出している株式会社、過去5年間の中で、株券もしくは優先出資証券の保有者が1000人以上となったことがある株式会社で、その提出日は、各事業年度終了後3カ月以内とされています。

「有価証券報告書の概要と提出日について」の続きを読む

カテゴリー:有価証券

有価証券報告書の提出と提出時期

投資家は、経営状態の悪い、信用ができないような企業に対して投資をすることはありません。
当然、投資を行うのであれば、優良な企業に対してと考えるものです。
そのような投資家が投資をする場合に、投資をしても大丈夫な企業かどうか判断するための材料として、有価証券報告書というものがあります。

「有価証券報告書の提出と提出時期」の続きを読む

カテゴリー:有価証券

その他有価証券評価差額の計上について

特に実務の上で、その他有価証券評価差額を考慮しなければならない場合には、繰延税金資産、もしくは、負債を認識する必要があります。

「その他有価証券評価差額の計上について」の続きを読む

カテゴリー:有価証券

有価証券の信託とはどのようなものか

信託引き受けの際の財産が有価証券であるものを有価証券の信託といい、これは、国債や地方債、社債、株式、外国証券等に限られています。
信託の期限終了まで一貫して、たとえば国債で行う場合には国債である必要はなく、引受後に運用していく段階で国債を売却してそのほかの形態で所有していくことも可能となっています。

「有価証券の信託とはどのようなものか」の続きを読む

カテゴリー:有価証券

このページの先頭へ