SMBC日興証券の投資銀行部門について

SMBC日興証券の投資銀行部門は、2009年に三井住友ファイナンシャルグループの一員となり、それまでの日興シティグループ証券の国内引受、投資銀行業務等を継承しました。

「SMBC日興証券の投資銀行部門について」の続きを読む

カテゴリー:日興証券

SMBC日興コーディアルは、現在SMBC日興証券が正式名称となっています

SMBC日興コーディアルは、2009年にシティバンクがSMBCに日本における証券事業を売却したことからSMBCグループ入りし、現在ではSMBC日興証券が正式名称となっています。
もともと日興証券は三菱系の証券会社で、大手4社のうちの1社を構成していました。

「SMBC日興コーディアルは、現在SMBC日興証券が正式名称となっています」の続きを読む

カテゴリー:日興証券

ファンド運用会社の概要について

ファンド運用会社とは、個人顧客や法人顧客から資金を集め、その資金を使って投資を行う事を生業としている会社です。
投資を通じて得た利益や損失は全て投資家に帰属する形となり、運用会社が直接損益を享受するわけではありません。
ファンド運用会社は、損益を享受しない代わりに顧客から受託した資金の金額に応じて運用委託手数料を受領します。

「ファンド運用会社の概要について」の続きを読む

カテゴリー:投資ファンド

エクイティファンドの種類について

エクイティファンドとは、顧客から資金を預かり、その資金を使って株式に投資するファンドの事です。
株式投資を通じて得られた損益は、資金を拠出した投資家に還元される事になります。
一言でエクイティファンドといっても、投資をしている株式の種類や、投資戦略手法はファンドによって異なります。

「エクイティファンドの種類について」の続きを読む

カテゴリー:投資ファンド

ファンドとは、複数の投資家から資金を集め、投資家に代わって投資を行う事です

為替取引や株取引を個人で行うようになると「ファンドとは何か」という疑問が出てきます。
為替や株の個人投資家は、よくニュースでファンド勢の買いで株価上昇やドル円の上昇といった具合に「ファンド」という言葉を目にします。
ファンドとは、一般に投資ファンドのことを指しています。

「ファンドとは、複数の投資家から資金を集め、投資家に代わって投資を行う事です」の続きを読む

カテゴリー:投資ファンド

個人投資家に有益な日本株式新聞社発行の雑誌について

最近、株式投資が非常に注目を集めています。
昨今の時代の流れの中で、企業はかつての経営者至上主義から脱皮をして、企業を支えている株主をより重視する方向へ舵を切るようになってきました。
この流れの中で、その動向が注目を集めている対象が個人の投資家です。

「個人投資家に有益な日本株式新聞社発行の雑誌について」の続きを読む

カテゴリー:新日本証券

岡三証券株式会社についてです。

株式取引や為替取引を行う場合には、証券会社やFX会社で口座を開設する必要があります。
口座開設自体は無料でできますし、資料請求もどこの会社も無料ですることができます。
ただし、実際取引をするにあたっては、どこの会社でも良いということはありません。

「岡三証券株式会社についてです。」の続きを読む

カテゴリー:岡三証券

ネット株を行なうための口座開設

現在では、株取引はインターネットで行なう時代となっており、簡単にできるようになりました。
インターネットの株取引を始めるにあたって、まずは証券会社に口座を開設しなければいけません。
一口に開設といいましても、証券会社によってその方法は異なります。

「ネット株を行なうための口座開設」の続きを読む

カテゴリー:ネット証券

ネットでの株取引は安全に楽しくできます

インターネットでの株取引が盛んになってから、たくさんの個人が株式投資に参加するようになりました。
一昔前ですとあまり株には縁がなかったような主婦や学生、一般のサラリーマンまで幅広く、株式相場に参入しています。
パソコンを開いて証券会社にログインすれば、すぐに株式投資ができてしまいます。

「ネットでの株取引は安全に楽しくできます」の続きを読む

カテゴリー:ネット証券

ネット証券会社による手数料の引き下げ

株式の取引が安全で、なおかつ敏速な売買が行なわれることを目的として、2004年6月に株券の電子化に関する法律が公布されました。
その後オンライントレードを目的としたネット証券会社が増加しています。
それまでは、株取引といえば富裕層が取り組む金融商品で、取引をするのも通常の証券会社を介して株の売買をしてもらうシステムでした。

「ネット証券会社による手数料の引き下げ」の続きを読む

カテゴリー:ネット証券

このページの先頭へ