日興グループの構成と証券会社

日興グループは既に過去のものとなってしまいました。
日本の証券持ち株会社の1つで、複数の金融企業により構成されていましたが、不祥事によりアメリカの大手金融グループ企業の傘下に入り、2企業名を併記して証券会社を設立しました。

「日興グループの構成と証券会社」の続きを読む

カテゴリー:日興証券

日興イージートレードでの安全性の高い資産運用

近年、インターネットを活用し様々な投資が行えるようになっていますが、その影響で大手証券会社はインターネット上で取引が出来る様々な金融商品を提供しています。
これらの金融商品は一般的な株式や投資信託に加え、国内債券、外国債券、外貨建てMMFなど様々な種類があります。

「日興イージートレードでの安全性の高い資産運用」の続きを読む

カテゴリー:日興証券

日興イージートレードの優れた取引ツール

日興イージートレードはこの証券会社が提供するオンライントレードのサービスです。
この証券会社のオンライン取引では株式、株式ミニ投資、信用取引、中国株、投資信託、外貨建てMMF、国内債権、個人向け国債、外国債券など様々な金融商品を取り扱っています。

「日興イージートレードの優れた取引ツール」の続きを読む

カテゴリー:日興証券

大手三大証券会社の1つ日興SMBCをみてみましょう

日興SMBCは、日興コーディアル証券の社名変更後の名前です。
更に、もともとは日興証券だったといえば、多くの人が見聞きしたことがある名前だと思います。
日本三大証券の一角を占めるこの証券会社の特徴としては、日本株式以外にも、中国株式、海外ETF、債券など豊富な商品を取り扱っているために、リスク分散投資を行うには最適な証券会社と言えるでしょう。

「大手三大証券会社の1つ日興SMBCをみてみましょう」の続きを読む

カテゴリー:日興証券

プライベートエクイティーファンドとヘッジファンドとの違い

ファンドとは複数の投資家から資金を集め、その資金を用いて投資を行い、投資により生み出された利益を投資家たちに配分することがファンドの役割です。
ファンドは一定の利回りを目標利回りとして設定していますが、投資家たちは目標利回りなどを参考にして、どのファンドに出資するかを決めます。

「プライベートエクイティーファンドとヘッジファンドとの違い」の続きを読む

カテゴリー:投資ファンド

外資系投資ファンドの特徴について

外資系投資ファンドとは、海外資本の運用投資顧問会社または金融機関が運営している投資ファンドの事です。
日本資本の運用投資顧問会社または金融機関が運営しているファンドと区別するために、このように呼ばれる事があります。
外資系投資ファンドの特徴としては、

「外資系投資ファンドの特徴について」の続きを読む

カテゴリー:投資ファンド

資産運用を始める方に投資ファンド会社を知っていただき、運用の幅を広げてもらいたいです。

資産運用を始めるきっかけは、国の年金制度に不安ある、銀行に預けるよりも資産を増やせる、など様々な理由があると思います。
ただ共通しているのは、運用によって損はしたくないということだと思いますが、そういう方に投資ファンドを候補に入れ、運用の幅を広げるべきでしょう。

「資産運用を始める方に投資ファンド会社を知っていただき、運用の幅を広げてもらいたいです。」の続きを読む

カテゴリー:投資ファンド

信託ファンドには、公募ファンドと、私募ファンドがある

一般的にファンドとは投資信託のことで証券会社、銀行、保険会社などが個人の投資家から資金を集め、その資金を運用し利益を分配するものです。
この資金の運用はファンドマネージャーが選択した債権や株式によって行われ、個人投資家はその運用成績により収益のリターンを得る事が出来ます。

「信託ファンドには、公募ファンドと、私募ファンドがある」の続きを読む

カテゴリー:投資ファンド

投資信託とヘッジファンドの違いとは。

投資信託とは、多くの投資家から資金を集めて、それをファンドという基金で1つにまとめ、ファンドマネージャーと呼ばれる運用の専門家が、投資家の代わりに株、債券、不動産などに投資、運用を行う仕組みの金融商品のことをいいます。
1万円前後と比較的少額から投資を行えますから、これから資産運用を始めようと考えている方にもおすすめの金融商品だといえます。

「投資信託とヘッジファンドの違いとは。」の続きを読む

カテゴリー:投資ファンド

シンガポール投資ファンドについて

シンガポール投資ファンドの特色は、ファンドオブファンズ方式で運用することです。
主にシンガポールの企業、または当該国で主な事業を展開する企業の上場株式等(未公開株式および債券等を含む)に投資します。
シンガポール国家の戦略はアジア地域での物流や金流、情報流通のハブとしての機能を強化していくビジョンがあります。

「シンガポール投資ファンドについて」の続きを読む

カテゴリー:投資ファンド

このページの先頭へ